MENU

メモリッチの使い方について教えて!

 

メモリッチをこんな感じで使って、しっかり目元ケアしちゃいましょう!

 

 

目尻のしわ、目の下のクマや、たるみなど年齢とともに、目の周りの肌トラブルに悩む時もありますよね。

 

そんな時にお勧めなのが、目元専用美容液『メモリッチ』です。

 

普段使っているスキンケアと合わせて使えるので、エイジングケアなどシリーズで買い揃える必要がありません。

 

普段お使いの化粧品との相乗効果も期待出来ますよ♪

 

その使い方や、効果など詳しく見ていきましょう。

 

メモリッチの使い方

 

普段のスキンケアにポイントケアをプラスする時は、タイミングや使う順番が気になりますよね。

 

メモリッチを効果的に使う方法を見てみましょう。

 

使用目安

メモリッチは、顔全体のスキンケアと組み合わせて1日2回を目安に使用します。

 

朝のスキンケアでは化粧下地や、ファンデーションのベースメイク前に、目元がしっとりと馴染むことで、アイメイクの仕上がりを明るい印象に導きます。

 

寝る前のスキンケアでは、乳液や、クリームの後、一番最後に気になる部分に馴染ませて内側からハリ・弾力を高めていきます。

 

スッと伸びやすい使い心地なので、油分が多いと崩れやすいアイメイクにも嬉しいですね♪

 

使用量は、米粒大の大きさが目安です。指先にクリームを出し、気になる目尻や、目の下に軽くポンポンと指先で丁寧に乗せていくのがお勧めです。

 

目元の皮膚は顔の中でも薄い部分で、厚さは0.2mm程しかありません。擦ってしまうと、新たなたるみや、シワの原因となりやすいので、優しく乗せていきましょう。

 

メモリッチの使い方

使用時に気を付けたいこと

目の周りに使用するので、使用量以外にも使い方に注意しましょう。

 

誤って目の中に美容液が入ってしまった時は、よく流水やぬるま湯で目を洗って取り除きましょう。

 

指を入れると危険なので、水で流して様子をみるのが大切です。目の洗浄液など医薬部外品を使わずにあくまで流水や、ぬるま湯で流してくださいね。

 

メモリッチは使い方が複雑ではないので、手軽に目元のエイジングケア対策を行うことが出来る点が嬉しいですね。

 

そんなメモリッチの気になる成分や、効果について探っていきましょう。

 

 

目もと用クリーム

 

主要成分紹介

 

主要成分紹介

メモリッチはパラペンや、アルコール、タール色素など添加物を使わずに製造されているので、刺激に弱い目元の肌や、赤く痒みが出やすい敏感肌の人も安心して使うことが出来ます。

 

主な美容成分として注目したいのが、ペプチド5種類を独自配合したアイキシルとう成分です。

 

アイキシルのペプチド成分には、カプロオイルテトラペプチド‐3、パルミトイルトリペプチド‐1、パルミトイルテトラペプチド‐7、トリフルオロアセチルトリペプチド‐2、ペンタペプチド‐18、という5種類のペプチドが配合されています。

 

保湿効果に優れた成分や、肌のハリに欠かせないコラーゲンの生成をサポートする成分など、目元の悩みに合わせて独自に配合されています。

 

さらに肌のキメを整え、浸透性を高めるビタミンE誘導体、明るくクリアな印象に導くビタミンK、肌本来の水分量を高めるビタミンC誘導体3LGAが、ぷるんとした透明感のある目元へ導きます。

 

1本の美容液の中に、たくさんの美容成分が配合されているのが嬉しいですよね。

 

メモリッチの効果

 

メモリッチの効果

目元が暗く、疲れた印象に見られる…、目の下がたるんで老けたように見える…など顔のパーツの中でも目の周りは、見た目年齢を左右する重要な部分ですよね。

 

メモリッチに配合されているアイキシルは、疲れた印象になりやすい目元のクマ、乾燥による目尻の小じわをしっかり保湿。

 

さらに肌のバリア機能を高めるセラミド成分が、紫外線によるダメージを受け水分が蒸発しやすい角質層へ働きかけ、しっとりと潤す効果が期待出来ます。

 

また老化が見えやすいたるみや、肌のキメにアボカド油、ローズヒップ油、キョウニン油など抗酸化作用を持つ自然由来のエキスが働きかけ、肌の内側から輝く印象へ導いてくれます。

 

優れた美容成分をたっぷり含んでいるので、目元だけでなく、ほうれい線や眉間などのエイジングサインが出やすい部分にも使っているという声もありました。

 

全体の約93%が美容成分で出来ているので、顔のどの部分にも使えるのが嬉しいですね。

 

 

↓商品詳細は公式サイトで↓
メモリッチ

 

メモリッチの効果まとめ

 

まとめ

メモリッチはエイジングケアに何を選んだらいいかわからない…、たくさんの化粧品を使うのは面倒…と悩む人にもお勧めです。

 

使い方もシンプルなので、手間もかからずしっとり潤いのある明るい目元へ導いてくれます。

 

時間が経つと小じわにファンデーションが入ったり、乾燥してカサカサに貼りついたような肌になることもありますよね。

 

そんな時もメイク前と、お休み前の1日2日のケアでツヤのあるアイメイクが崩れにくくなります♪

 

メモリッチで目元ケア・エイジング対策を始めてみませんか。

 

 

↓ご購入は安心の公式サイトから↓
メモリッチ

 

目の下のクマ対策

 

化粧をしていても隠すのが難しい目の下のたるみを簡単にお手入れする方法があります。

 

実年齢よりも年を重ねているように見えたり、疲労が溜まっているように見えるので、目の下のたるみには十分な対策が重要になります。

 

目の下はたるみができたり、黒っぽいクマができてしまうことがあります。皮膚のうちでも目元は乾燥しやすくしわやたるみができやすいので、不用意にこすったり、強く揉んだりしないほうがいい場所です。

 

血流不足による目の下の青クマはメイクで覆い隠すこともまだできますが、目の下に黒いクマができると、カムフラージュも困難です。
年とともにまぶたや目の下は皮膚が薄くなってくるので、目の下のたるみを改善する為には目元の皮膚を丈夫にする必要があります。皮膚を丈夫にしてたるみの手入れをする方法というのは、肌の内側からコラーゲンを増やす事です。

 

お肌が元来持っていた弾力も、コラーゲンが少なくなると失われてたるみの原因になります。お肌のコラーゲンが増えるように、レチノールやビタミンC誘導体を使ったスキンケア用品を活用するといいでしょう。

 

コラーゲンそのものを皮膚に塗っても表層にしか届きません。皮膚の奥でコラーゲンができるようにするには、ビタミンCやレチノールを皮膚の奥にまで届かせるといいでしょう。

 

生活リズムを整え、健康的な生活を送ることや、体にいい食事をとって全身の血流を促進することも、目の下のたるみ対策になります。皮膚が敏感な部分ですので、目の下のたるみをお手入れするときには、優しく扱うようにすることが大切です。

 

目の下のエクササイズ

 

目の下にたるみができた時に、手軽にケアできる方法がいくつか存在しています。目の下にたるみがあると年老いて見えますので、解消しておきたいものでしょう。

 

1日じゅう目を酷使していると、夕方頃には目元を強く押したい気持ちになります。目の周囲の皮膚は薄くてデリケートなので、強く引っぱったり押したりすると、摩擦でたるみやすくなります。

 

目の近くの皮膚を揉みほぐしたいと思っても、正しい知識がない人は、やらないほうがたるみ対策になります。不用意に皮膚に負担をかけて、お肌をこすりすぎると、たるみが増してしまうことがあります。

 

ホームケアで目元のたるみを解消したいという人は、目元用の美容液や、パックケアが適しています。顔を洗ったら目元美容液をつけて、ラップなどで覆いをかけて皮膚を保湿します。

 

美容液の浸透を助け、血液の巡りを良くするために、温かくしたタオルで目をしばらく覆っておくといいでしょう。ある程度皮膚が温まって、タオルの熱が冷めてきたら、冷たいタオルに交換することでお肌が引き締まります。

 

温と冷の刺激を交互に与えることで、毛穴が引き締まって水分や美容液の有効成分が皮膚の深部にまで届きやすくなります。自分の家で気軽にできるケアになりますので、目の下のたるみを解消したいという人は実践してみてください。

 

メモリッチ

 
このページの先頭へ